離婚 伝え方

離婚したいと配偶者へ伝える方法

 

離婚したいと考えている方がその決意を配偶者に伝える方法やタイミングについてはとても悩まれることだと思います。

 

浮気をした配偶者に、こちらの「離婚をしたい」という意思を伝える場合、配偶者の性格によってはその適切な時間帯や伝え方などが違ってくることでしょう。

 

どんな時にでも冷静に話し合える相手であれば、二人で話し合うことは問題ないでしょう。しかし、すぐ感情的になり気に入らないことがあると怒り出して暴力的になるような相手では、伝えるタイミングはよく考えなければなりません。

 

そのほか、離婚の意思を伝える前に、実家の両親に相談したり、作戦会議をされる方も多くいらっしゃいます。また、弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてから配偶者へ離婚の意思を伝える方もいらっしゃいます。

 

例えば、タイミングとしては浮気の証拠をしっかりと押さえ、共有財産などを確認してからでないといけません。準備が整う前に、離婚の意思を伝えてしまうと携帯電話やパソコンのメールなど浮気相手とのツーショット写真などの証拠を全て消去して証拠隠しが行われれる可能性が高くなります。

 

ベストなタイミングは、裁判で浮気が立証できるだけの証拠を集めてから、配偶者へ離婚の意思を伝えるのが良いでしょう。

 

財産分与についても不利にならないようにするには、自分名義になっているものを浮気相手の名義に書き換えられたり、財産を別の場所に移されたり、その存在自体が分からなくされないようにしなければなりません。

 

 

原一探偵事務所へ相談だ

原一探偵事務所へ無料の電話相談はコチラ!

※24時間365日対応(電話相談・メール問合せ)※