離婚 問題点

離婚をした後の問題点について

協議を行ったうえで、親権や養育費、財産分与などを取り決めた上で、離婚届を提出すれば完全に問題は解決したと思いますか?

 

実は、必ずしもそうとは言い切れません。

 

協議の上で取り決めた養育費や財産分与の額など、相手が決めたとおりに支払ってくれれば良いのですが、支払ってくれないということがよくあります。

 

特に養育費については、長期間にわたるものなので、初めのうちは支払ってくれていたものが、途中から支払いが途絶えるといったことがよくあります。

 

そのような事後的なトラブルを避けるため、または対処するためには、口約束ではなくて、離婚協議書といった文書を作成しておく必要があります。

 

万が一、文書を作成していても、内容に不備があった場合や法的に無効なものであれば、トラブルの原因になります。実際にこのようなケースが多いです。

 

しかし、弁護士に依頼をして離婚手続きをしてもらっていた場合、離婚協議書の内容が明確かつ法的に効力のあるものとして間違いないので、離婚後のトラブルを軽減・対処することが可能です!

 

もしも相手が養育費の支払いについての約束を守らなかった場合には、預金口座や給料の差し押さえ等といった対応を迅速に行うこともできますから安心です。

 

原一探偵事務所へ相談だ

原一探偵事務所へ無料の電話相談はコチラ!

※24時間365日対応(電話相談・メール問合せ)※